美人な姿勢になりたい!

 

 

 

 

姿勢のキレイな人はモテる!?

あなたは「凛(りん)」としたキレイな姿勢と言えば誰を思い浮かべますか?

モデルさんや女優さんなど雑誌のグラビアやテレビなどを通じて知っている女性を思い浮かべる人もいれば、自分の身の回りの女性を思い浮かべる人もいるでしょう。

彼女達の様な「姿勢のキレイな人」は「姿勢が悪い人」に比べて生き方の「得」をします。

伸びた背筋やキレイな立ち振る舞いには見る人を魅了することが出来ますし、またキレイな姿勢からは頭の良さや育ちの良さなども関連付ける事が出来るからです。

けして大袈裟ではありません。凛とした姿勢になるだけでもあなたのイメージが飛躍的に良くなるでしょう。

 

姿勢がキレイだと長生きできる!?

この理由は2つあります。

1つめは、姿勢が悪い人は歳をとると共にカラダを故障しやすくなります。

長年悪い姿勢を続ける事によりカラダの様々な場所から色々な問題が起こりやすくなります。

例えば、カラダのバランスが片方の足にかかりすぎ、その姿勢を続ける事により「膝」「股関節」を痛める問題。

猫背を続ける事によって起こる「腰痛」「側湾」など、私は沢山のクライアントを診てきましたが「姿勢」が原因でカラダを故障させる方は大変多くおられます。

 

2つめは、姿勢の良い人は姿勢の悪い人に比べてストレスが溜まりにくいということです。

姿勢の悪さが原因でスタイルが乱れたり、体調不良が起こることは少なくありません。

つまり、姿勢の悪さはあなたにストレスをもたらしていくのです。

逆に言うと、姿勢のいい人はその悩みをもたなくてよいというわけです。

姿勢の悪さ「悩みのタネ」を自分の中に植えつけ、姿勢の悪さがさらにそのタネを育てる。

姿勢の悪い人の体内では、そんな悪循環が起こっています。

これでは「凛とした女性」にはなれません。

理想的な姿勢!!どんな姿勢??

まずこちらのイラストをみてください。

このイラストは私自身が書いたものですが、この道のプロとしてこのイラストの全てが「理想的な姿勢像」です。

・前から

・横から

 

 

 

 

では、どこがどう理想的な姿勢なのか詳しく説明します。

 

前からの姿勢

 

水平からみたライン

  • A=「目と耳の高さ」
  • B=「肩の高さ」
  • C=「おへその位置」
  • D=「膝の高さ」
※理想的なキレイな姿勢のラインはABDが「地面と水平」の高さにあることがとても重要です。ゆがみがあると片方の肩が下がったり体重がカラダの片方に乗ったりなど悪い見栄えになります。
※C=真っ直ぐ立ち、首からひもを垂らした時におへその中心にひもがくるとバランスのとれたキレイな姿勢といわれています。

ねじれのチェック

  • 1=首のかたむき
  • 2=肩のかたむき
  • 3=骨盤のゆがみ

※123は鏡で真っ直ぐ立った時にカラダの「かいせん」をチェックします。どちらか片方の耳や胸がが大きく見えたりした場合カラダの「かたむき」や「ゆがみ」がある可能性が考えられます。


横からの姿勢

 

壁にかかとと後頭部をつけ、自然に立った姿勢のチェック

  • A=「後頭部の状態」※Aにおいては、目線を水平にした状態で楽に後頭部がつくかどうかをチェックします。つけた時にアゴが上がれば要注意です。
  • B=「肩の後ろの状態」※Bにおいては、自然に立っている状態で肩が壁から離れていないかチェックします。
  • C=「腰の後ろの状態」※Cにおいては、腰と壁の隙間に手を入れてみます。手のひらで隙間がちょうど埋まれば大丈夫ですがそれ以外ですと・・・!?

◎1のチェック

◎1においては「丸印」が付いているところが一直線になることが理想の姿勢といわれます。

肩だけ前に出たり、骨盤が後ろに下がっていたりするとカラダのゆがみがあることが解ります。

 

プロだからいえる一生培えるトレーニングの効果

その道のトレーナーとして仕事をしていて一番多い質問がこの2つです。

「一体いつまでやればいいですか?」

「どれくらいやれば効果が現れますか?」

そう言われた時私は決まってこう答えます。

「○○さんはいつまで歯を磨きますか?顔を洗いますか?」

大体の方は決まってこう答えますよね。

「それは、ずっと」と。

 プロと素人の違いは続ける努力が出来るかどうかです。

確かに短期間で痩せるダイエットはとても魅力的です。

でも多くの女性は「一ヶ月で3キロやせる!!」と意気込んでも意欲が続かずにその年の暮れには現時点より3キロ太ってしまったなんて話しは余りにも多く聞きます。

理由は簡単。

最初から無理をして意欲が足りなくなるからです。

自分にとって辛いエクササイズや、無理なダイエットを試みると、誰でも「いつまでこんなことをやらなくてはいけないの?」不安になるものです。

もし1年に1キロのペースで体重を減らせば、10年で10キロも体重を減らせることになります。

1年に1キロなら、そんなに無理なことでもないのですが、人はどうしても短期的な結果を求めて、目先の変化に一喜一憂してしまうのです

当院はそういった過激な運動食事制限の指導は一切行いませんし、何かの補助食品や健康器具を売ったりは一切しません。

なら何故当院にこられるクライアントはしっかりと凛とした女性になれるのか?

その理由も簡単。

私自身そういったダイエットには全く興味が無く、急激なダイエットの指導は一切していないからです。

そのクライアントさん一人ひとりの足りない所不安な部分を解決する術を1ヶ月単位ではなく人生単位で考え

そのクライアントさん一人ひとりのダメなところを一緒に考えて日頃の私生活の中に正しい姿勢や運動の指導が出来る

そういったライフスタイルをサポート出来るからです。

特別な努力は必要とせず、歯を磨いたり、洗顔したり、シャンプーをするのと同じ感覚で、普通に実行できる「簡単」「苦しくない」ものばかりです。

日常生活の中で思い出した時に実行し、それを継続していれば、カロリー消費もアップし、皮下脂肪もつきにくい体質に変わります。

私自身「数年後に体型が変わっていなかったり、体重を維持できていれば、それはすばらしいこと」だと思います。

 

興味を持たれた方へ

このページを読まれて「凛」とした姿勢になりたい!

今の姿勢を治したい!

そう思われた方は是非一度当院にお尋ね下さいね!

お問い合わせ→ちょっと相談する(相談は随時無料です。お気軽に相談下さい。)

※申し訳ありませんが、日・祝休みの完全予約制なのでお間違えなくお願いします。

 

顎関節症、アゴの痛み、喰いしばり、歯ぎしりなど

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

アゴの痛み、口を大きく開けられない、耳鳴り、頭痛、アゴから音がする

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

【症例報告2017年03月】顎関節症、歯の痛み、歯ぎしり、喰いしばりなどの患者様と

運動などで使いすぎで出る急な腰の痛み(ギックリ腰)

【症例報告2016年11月】急性腰痛の患者様と

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

ギックリ腰、急性腰痛、腰のムチウチ、使いすぎ

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

急性腰痛(ギックリ腰)の患者様と

妊娠中におこる 腰や骨盤、股関節の痛み

妊娠期間中の腰や骨盤股関節の痛み

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

臨月を迎えて出てきた腰痛、骨盤周りや股関節の痛み

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

妊娠期間中の腰や骨盤股関節の痛み

手術の出来ない脊柱管狭窄症(手術が出来ない腰、術後の悪くなった腰)

滋賀県草津市のカイロ院(整体ではない)脊柱管狭窄症の症例報告

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

脊柱管狭窄症、腰痛、坐骨神経痛、馬尾性間欠性跛行

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

手術の出来ない脊柱管狭窄症の症例報告

顎関節症、あごの痛み、くいしばり、歯ぎしり症

顎関節症、あごの痛み、くいしばり、歯ぎしり症

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

顎関節症、あごの痛み、くいしばり、歯ぎしり症

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

顎関節症、あごの痛み、くいしばり、歯ぎしり症

頭蓋骨のゆがみからくるカラダの問題(頭痛、自律神経失調症など)

不眠、胃腸の痛み、頭痛、体温調整が上手くできない問題

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

不眠、胃腸の痛み、頭痛、体温調整が出来ない問題

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

不眠、胃腸の痛み、頭痛、体温調整が上手くできない問題

3月1日移転しました。

移転後の院内の様子等

新しい院内をご紹介しております。詳細は画像をクリックして下さい。

頭蓋骨のゆがみからくるカラダの問題(頭痛、自律神経失調症など)

頭蓋骨矯正とは(自律神経、全身、顔面における症状の改善)

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

頭痛、自律神経失調症、手足の痺れ、首の痛み

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

頭蓋骨矯正とは(自律神経、全身、顔面における症状の改善)

脊柱管狭窄症(処置と予防法)

月一症例 脊柱管狭窄症

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

脊柱管狭窄症の予防と改善

月一症例 脊柱管狭窄症

側弯症(背中の痛み、背骨のゆがみ)

側弯症(背中の痛み、背骨のゆがみ)

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

側弯症の予防と改善

側弯症(背中の痛み、背骨のゆがみ

スポーツカイロで全国レベルのチカラをつける

スポーツカイロプラクティック(更なる高みを目指して)

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

運動能力の向上、強化

スポーツカイロプラクティック(更なる高みを目指して)

重い物を持つ仕事で腰が痛む

日常で起こる腰の痛み、慢性的な腰の痛み

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

腰痛、慢性腰痛、長時間同じ姿勢での腰の痛み

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

日常で起こる腰の痛み、慢性的な腰の痛み