週刊文春 特集記念ページ2011

今やカイロプラクティック整体は高学歴の時代なのです。週刊文春掲載特集

滋賀LSCは「国際基準カイロプラクティック」です。

今回記載された週刊文春さんの記事の一覧です。

01.週刊文集2011年11月17日号

滋賀のライフスタイルカイロプラクティック(整体ではない)週刊文春特集003

02.特集企画時に頂いた概要です。

滋賀のライフスタイルカイロプラクティック(整体ではない)週刊文春特集005

03.実際の掲載されたページです

滋賀のライフスタイルカイロプラクティック(整体ではない)週刊文春特集004

04.当院の記載ページの拡大

滋賀のライフスタイルカイロプラクティック(整体ではない)週刊文春特集

 

 

当院が何故ここまで押して、推して、押して「国際基準」にこだわるか。

 

その答えは・・・。

 いい医者?悪い医者?がいる訳

例えばあなたが病気にかかった時、病院を選びます。

その時あなたの病気がスグに良くなればいいのですが、良くならない場合もあります。

例えばお医者さんの診断が間違っていたり、処方された薬がカラダに合わなかったり・・・。

でも、そんな時あなたは疑うこともできずにただただ言われるがまま薬を飲み続け、医療器械に任せないといけなくなります。

この様に間違った診断はお金と時間とカラダへの負担をかけます。

何故この様な事態が起こり得るのでしょうか。

その大きな原因の一つとして、そのお医者さんの出身である大学があります。

例えば有名な国立医大を卒業した先生と、お金さえ詰めば入学出来る私立の医大を卒業した先生。

これには学歴・知識・技術共に大きな差があります。

しかし患者さんはその先生がどこの大学を卒業して、どんな研究や臨床経験を積んでいるのか知る術は殆どありません。

そのために同じ先生でも腕の上手い先生や、下手な先生など大きく差が出てくるのです。

 

 

カイロプラクティック・整体の現状

しかし、日本国内にいるカイロプラクター、整体師はお医者さんの現状よりももっと劣悪な環境にあります。

大きな違いはカイロプラクティック・整体業には国家資格、国家試験が無いからです。

今回週刊文春でも特集された「国際基準」とは日本の様に法制化されてない国に対してWHO(世界保険機構)に所属するWFC(世界カイロプラクティック連盟)が4200時間という4年以上の教育期間を卒業した後に3年以上の臨床経験をした者だけが受けれる教育プログラムを発行したのです。

国内のカイロプラクターの98%にあたる人は国際基準で認められる4200時間という教育を受けず少ない知識と浅い臨床経験のままで開業、就職をして治療に当たっているのが日本の現状です。

想像してください。

100人のカイロプラクターと名乗る先生がいる中で「国際基準」のライセンスを持っている先生はたったの2人しかいないのですよ。

それ以外は短期の養成学校や週末のセミナーを卒業した者が先生のいかにも偉そうな先生の格好をして実際の治療にあたって人の首を鳴らしたり腰を押したりするのです。

想像するだけでも怖いですが・・・。

当然医療事故は沢山起こります。その他にもほぐしと名したマッサージと同じ違法行為や詐欺、勧誘、物販や悪質なダイエット、セクハラなどその被害は後を断ちません。

ホームページをみてどんな凄いことや体験談を書いているカイロプラクティック・整体があったとしてもそれだけで信用するのは大変危険です。

書こうと思えば、嘘でも本当でも、偉そうなことは誰でも書けます。

ただ一つ簡単に確かめる方法があります。

ホームページで学歴を確かめたらその先生がどんな先生かスグに解ります。

学歴だけはごまかしようがありません。

日本国内存在するカイロプラクティック・整体の学校は悠に100を越えています。

でも、聞いて下さい。

日本国内でこの4200時間の教育過程を実施している学校はたったの2校だけなんです。

東京にある「東京・カレッジ・オブ・カイロプラクティック」

大阪にある「国際カイロプラクティックカレッジ」だけです。

近くのカイロプラクティック・整体の先生の出身校を調べる。

これだけでも安全で安心のカイロプラクティック院を探す近道にもなります。

 カイロプラクティックはリラクゼーションやリフレクソロジーではない。

真のカイロプラクティックはマッサージでもダイエットでもアロマテラピーの様なリフレクソロジーでもありません。

発祥の地、アメリカやEUでは医療であり、医学であり、予防医学でもあります。

一つ一つの症状を検査して原因を突き止め治すところから始まります。

整形外科に行ってレントゲンを撮って異常がないと言われ、でも痛みが続くから湿布や塗り薬、痛み止めを貰って痛みを治す。これは痛みをごまかしているだけで原因は全く治ってはいません。

カラダをごまかしているだけです。

肩こりがキツイからといって接骨院に行き、肩を温め、電気を流し、軽く揉んでもらう。でもまた次の日から肩が凝る。

これも全く治っていません。

ただのその場凌ぎに過ぎないのです。

人のカラダは暖めると痛みの感覚が薄れ、さも治った様に勘違いを起こすのです。

しかしこういったある意味医者から見放された症状というのはカイロプラクティックでしっかりとケアする事により治すことは可能なのです。


強烈に毒舌でキツイ事を書いていますが、これが国内のカイロプラクティック・整体業の現状です。

当院の願いとしては真のカイロプラクティックが日本国内に普及すろこと、その限りであります。

 

 

 

首の痛み・ストレートネック

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

首の痛みがある、ストレートネックが気になる

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

【症例報告2017年4月】首の痛み・ストレートネックの患者様と

顎関節症、アゴの痛み、喰いしばり、歯ぎしりなど

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

アゴの痛み、口を大きく開けられない、耳鳴り、頭痛、アゴから音がする

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

【症例報告2017年03月】顎関節症、歯の痛み、歯ぎしり、喰いしばりなどの患者様と

運動などで使いすぎで出る急な腰の痛み(ギックリ腰)

【症例報告2016年11月】急性腰痛の患者様と

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

ギックリ腰、急性腰痛、腰のムチウチ、使いすぎ

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

急性腰痛(ギックリ腰)の患者様と

妊娠中におこる 腰や骨盤、股関節の痛み

妊娠期間中の腰や骨盤股関節の痛み

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

臨月を迎えて出てきた腰痛、骨盤周りや股関節の痛み

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

妊娠期間中の腰や骨盤股関節の痛み

手術の出来ない脊柱管狭窄症(手術が出来ない腰、術後の悪くなった腰)

滋賀県草津市のカイロ院(整体ではない)脊柱管狭窄症の症例報告

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

脊柱管狭窄症、腰痛、坐骨神経痛、馬尾性間欠性跛行

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

手術の出来ない脊柱管狭窄症の症例報告

顎関節症、あごの痛み、くいしばり、歯ぎしり症

顎関節症、あごの痛み、くいしばり、歯ぎしり症

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

顎関節症、あごの痛み、くいしばり、歯ぎしり症

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

顎関節症、あごの痛み、くいしばり、歯ぎしり症

頭蓋骨のゆがみからくるカラダの問題(頭痛、自律神経失調症など)

不眠、胃腸の痛み、頭痛、体温調整が上手くできない問題

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

不眠、胃腸の痛み、頭痛、体温調整が出来ない問題

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

不眠、胃腸の痛み、頭痛、体温調整が上手くできない問題

3月1日移転しました。

移転後の院内の様子等

新しい院内をご紹介しております。詳細は画像をクリックして下さい。

頭蓋骨のゆがみからくるカラダの問題(頭痛、自律神経失調症など)

頭蓋骨矯正とは(自律神経、全身、顔面における症状の改善)

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

頭痛、自律神経失調症、手足の痺れ、首の痛み

ブログで紹介!実際に来院された患者様との症例報告

頭蓋骨矯正とは(自律神経、全身、顔面における症状の改善)

脊柱管狭窄症(処置と予防法)

月一症例 脊柱管狭窄症

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

脊柱管狭窄症の予防と改善

月一症例 脊柱管狭窄症

側弯症(背中の痛み、背骨のゆがみ)

側弯症(背中の痛み、背骨のゆがみ)

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

側弯症の予防と改善

側弯症(背中の痛み、背骨のゆがみ

スポーツカイロで全国レベルのチカラをつける

スポーツカイロプラクティック(更なる高みを目指して)

当院に実際お越し下さる患者様です。

滋賀LSCに来院の理由

運動能力の向上、強化

スポーツカイロプラクティック(更なる高みを目指して)